Sakulife

TOPへ

02

Apr. 2021

衛生 情報局

避難所での感染症対策

  • Facebookシェア
  • Twitterシェア

避難所では多くの方が身を寄せ合って生活する場所で、感染症の問題が気になりますよね。今回は環境衛生のプロ視点から、感染症対策についてご紹介します。

 

問題になる感染症とは?

避難所で問題になりやすい感染症は大きく分けて下記の3種類です。

①インフルエンザウイルス等による呼吸器感染症

例:インフルエンザ、マイコプラズマ症、百日咳

 

②ノロウイルス等による感染性胃腸炎

例:感染性下痢症、ウイルス性肝炎、腸チフス・パラチフス

→食中毒についてはこちら(細菌性食中毒、ノロウイルス、ロタウイルス)

 

③破傷風等による外傷からの感染

例:外傷後の創部感染、破傷風、ガス壊疽

③の感染症は主に災害発生時や復興時に感染することが多く、避難所生活と関わりが深いのは①②の感染症です。

 

感染症予防のための8箇条

日本感染症学会では、2011年の東日本大震災を受け、「感染予防8カ条」を公開しています。

① 食事は可能な限り加熱したものをとるようにしましょう。

 

② 安心して飲める水だけを飲用とし、きれいなコップで飲みましょう。

食中毒は原因となる微生物をしっかり殺菌することで予防することができます。加えて、調理する人の体調管理(手指にキズが無い、下痢・嘔吐・熱等の症状が無い)や手指の清潔(こまめな手洗や使い捨て手袋の使用)にも注意しましょう。

 

③ ごはんの前、トイレの後には手を洗いましょう。

流水が使用できる時は「水+石けん」で手を洗いましょう。アルコールによる手指消毒方法も有効ですが、目に見える汚れがある場合はできる限り「水+石けん」で!

洗った後の手は共用のタオルではなく、使い捨てのペーパータオルや個人用のタオルを使用しま

しょう。

正しい手洗方法

正しいアルコール消毒方法

 

④ おむつは所定の場所に捨てて、よく手を洗いましょう。

トイレ等の排泄周りは感染性胃腸炎の原因になりやすい場所です。基本的な清潔を保

つために定期的な清掃が望ましいです。清掃時にはマスクや手袋、使い捨てのエプロン等を装着し、塩素系消毒剤で消毒を行います。掃除後、排泄した後やおむつを取りかえた後等は必ず手洗いや手指消毒を行うようにしましょう。

 

【どんな塩素系消毒剤がオススメ?】

次亜塩素酸ナトリウム、クロラス酸(亜塩素酸水)、弱酸性電解水(次亜塩素酸水)等、様々な塩素系消毒剤が世の中に溢れています。日常的にご自宅にあるのは、「次亜塩素酸ナトリウム」だと思いますが、基本的に水で薄めて使用しますので「水道が断絶して使えない…」なんてことも。

緊急時でもそのまま使用できる「キッチンスプレー」等がオススメです。

⑤ 咳が出るときには、周りに飛ばさないようにクチを手でおおいましょう。

今や新型コロナウイルス対策でマスクをつけることが当たり前になっていますので、あくまでも物資が不足してマスクが無い場合になります。ハンカチで覆ったり、肘でカバーしたりするようにしましょう。手でクチやマスクを覆った場合は、しっかりと手洗いやアルコール消毒を行いましょう!

 

⑥ 熱っぽい、のどが痛い、咳、けが、嘔吐、下痢などがあるとき、特にまわりに同じような症状が増えているときには、医師や看護師、代表の方に相談してください。

 

⑦ 熱や咳が出ている人、介護する人はなるべくマスクをしてください。

新型コロナウイルス対策でマスクは当たり前となっていますが、「ノースワイヤーが入ったマスクを選ぶ」「使い捨てマスクの上に布マスクをつける」等の対策をするとより効果的です。(出所:Centers for Disease Control and Prevention HP「Improve How Your Mask Protects You」

    ⑧ 次の症状がある場合には、早めに医療機関での治療が必要かもしれません。医師や看護師、代表の方に相談してください。

  • 咳がひどいとき、黄色い痰が多くなっている場合
  • 息苦しい場合、呼吸が荒い場合
  • ぐったりしている、顔色が悪い場合
  • 避難所の居住区では、個人間(もしくは少なくとも家族間)の距離を十分(1~2m 程度)保つことが望ましいとされており、十分な距離が保てない場合は座位で口元より高い段ボールやパーテーションなどを用いて区分けを行うことも有効とされています(出所:大阪府避難所運営マニュアル作成指針(令和2年6月)、p.11)。

咳エチケットのポスター

 

避難所で感染症の蔓延を防止するには、個々人が意識して対策することが大切です。自分の身を自分で守ると同時に、周りの人に感染させない気遣いが必要です。

基本的な感染症対策である「手洗い」「咳エチケット」「感染しないためのソーシャルディスタンス」をポイントとして覚えておきましょう!


 

参考文献

Centers for Disease Control and Prevention HP「Improve How Your Mask Protects You」

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/your-health/effective-masks.html(2021年3月30日アクセス)。

一般社団法人 日本感染症学会HP「東日本大震災―地震・津波後に問題となる感染症― Version 2」

https://www.kansensho.or.jp/modules/topics/index.php?content_id=18(2021年3月30日アクセス)。

一般社団法人 日本感染症学会「避難所における感染対策マニュアル(2011年3 月 27 日作成(Ver.1))」

https://www.kansensho.or.jp/uploads/files/topics/disaster_con_5.pdf, p.1-5(2021年3月30日アクセス)。

大阪府HP「大阪府避難所運営マニュアル作成指針(令和2年6月)」

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/25772/00000000/manual_covid-19.pdf, p.11(2021年3月30日アクセス)。

戻る